スポンサーリンク

関鉄バス 寺原駅前のバスの車庫

関東鉄道バスの取手営業所と水海道営業所は

「守谷営業所」に統合されましたが、

旧取手営業所の行く末が、気になっていました。

 

駐車場になっていました。

バスの出張所?

9392MR

つくば200か・795

シャーシ:いすゞ

ボディー:富士

型式:KL-LV280L1

 2002年 元京成ワンステ


9395MR

つくば200か・808

シャーシ:いすゞ

ボディー:いすゞバス製造

KL-LV280L1

2003年 元京成ワンステ


1877MR

つくば200か・803

シャーシ:いすゞ

KL-LV280L1

ボディー:いすゞバス製造

2004年

ノンステップ


さて1877MRとかなんとか色々表記があるのですが、

ここでご説明を。

「1877MR」等というのは会社内の整理番号です。

1877(号車)MR(守谷営業所)などのようになります。

関東鉄道では、MR(守谷)、YT(つくば中央)、RG(竜ケ崎)

等となります。

また、バスは足回りの部分の「シャーシ」、客が乗る部分の

「ボディー」を別々で作っています。

皆さんは自家用車をお持ちでしょうか。

お持ちの方は、「コーションプレート」と車検証を眺めてみましょう。

「KL-LV280L1」は車検証で言う「車の型式」で「KL-」のところは

平成**年排ガス規制適合車の記号です。

(余談ですが、バスのコーションプレートはエンジンルーム内

ではなく客室内の一部に取り付けられています。)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク